作詞の為の市民への10万人アンケートに始まり、

曲完成の為の基金づくりとしての一小節運動を展開、

国際都市札幌にちなんで曲を世界公募、

そしてついに1992年、

最終選考演奏会において市民1600名の投票により

「交響詩-札幌」が、 誕生いたしました。


市民へアピール1


今後は、この曲を市民の皆様に、

より知っていただくために、

あらゆる場で使用していただき、

又、合唱、演奏等、楽しんでいただきたいと考えております。


市民へアピール2


「交響詩-札幌」が、

私たち札幌市民の財産であるとの認識が生まれ、

将来、私たちが「夢」と「誇り」と「地域愛」をもてる札幌の街を、

又、真の豊かさが感じられる札幌の街を、

未来を子供たちに手渡したいと願っております。